毛穴ケアで毛穴パックをしようとお考えの方に、毛穴パックよりも肌に負担が掛からない泡パック洗顔をご紹介しています。毛穴の黒ずみや角栓除去に毛穴パックを使うという方も多いですが、毛穴パックでは毛穴が開くという意見が多いのも事実。果たして、毛穴ケアに本当に効果的なのはどちらなのでしょうか?

毛穴パックで毛穴が開く?毛穴パックがいけない3つの理由

毛穴を開いてしまうのでNG!
毛穴パックを使うと毛穴が開いてしまうということはよく言われていることです。実際どうなのかというと、本当に毛穴は開いてしまいます。保湿ケアで毛穴の開きを多少食い止めることができますが、完璧ではないのが現実です。
使い続けなければいけない連鎖にハマってしまうのでNG!
毛穴パックを使い続けると、毛穴が開きやすくなってしまいます。すると、皮脂が溜まりやすくなるので、余計に毛穴が目立ってしまいます。それを改善しようと毛穴パックを再び使うという悪循環に陥ってしまいます。
肌に必要な角質をはがしてしまうのでNG!
毛穴パックを使うと、角質がはがれるので、きれいになるような気がします。しかし、古い角質だけでなく、肌に必要な新しい角質まではがしてしまいます。頻繁に繰り返すと、敏感肌の原因になりかねません。

毛穴ケアは毛穴パックより泡パック洗顔がおすすめ!

毛穴ケアは泡パック洗顔で行いましょう!
なぜ、泡パック洗顔が良いの?

泡パック洗顔が毛穴ケアに適している理由は肌への負担が少ないからです。角栓を無理矢理引っ張り出したり、新しい角質をはがしてしまうことはありません。もちろん、ますます毛穴が目立つようになることもありません!その秘密は・・・

毛穴の汚れや角栓を泡の力で除去することができる!
⇒ マイクロ泡が毛穴の奥まで入り込んで汚れと角栓を掻き出し、黒ずみを解消します!

毛穴をきれいにしてしっかりと引き締める!
⇒ 保湿成分配合なので、肌にハリを与えてキュッと引き締めます!

古い角質だけをきれいに取り除いてくれる!
⇒ ソフトピーリング効果で古くなった角質だけを優しく取り除きます!

このように、泡パックは肌に負担を掛けずに毛穴ケアをすることができます。

泡パック洗顔に最適な洗顔料は?

泡パック洗顔には炭酸泡洗顔「テンデシカ」がおすすめ!

泡パック洗顔に最適な洗顔料は何か・・・それはズバリ炭酸泡洗顔「テンデシカ」です。テンデシカは毛穴の汚れ・角栓をきれいに除去できるだけでなく、保湿成分が配合されていて毛穴を引き締めてくれます。泡パック洗顔をしてもつっぱらないので、肌に負担が掛かりません。


それでは、次に炭酸泡洗顔「テンデシカ」が泡パック洗顔に適している3つの理由を詳しく見ていくことにしましょう!


マイクロ炭酸泡が毛穴の汚れ・角栓を浮かせる!
毛穴よりも格段に小さいマイクロ炭酸泡が毛穴の奥まで入り込み、毛穴に詰まった汚れや角栓を浮かび上がらせます。毛穴の中で炭酸がパチパチと弾けるので、通常の洗顔や毛穴パックでは落ちにくい汚れもきれいに落とすことができます。
植物エキスが角質層まで浸透し毛穴を引き締める!
ビルベリーエキス、オレンジエキス、レモンエキス、サトウキビエキス、サトウカエデ樹液、バラエキス、メリロートエキスなどの植物エキスが配合されているので、角質層まで浸透し肌にハリを与えて毛穴をキュッと引き締めてくれます。
天然由来のアミノ酸洗浄剤なので肌に優しい!
毛穴パックで毛穴をケアすると、どうしても肌へのダメージが大きくなってしまいます。しかし、テンデシカは天然由来のアミノ酸洗浄剤を使用しているので、肌に負担をかけずに汚れを落とすことができます。ダメージがほとんどないので、健康な肌の状態をキープできます。


弾ける炭酸で毛穴の奥に詰まった汚れを浮かせるのは「テンデシカ」だけ!


泡パック洗顔のやり方:簡単3ステップ

ステップ1

まず、メイクをしている場合はクレンジングできれいに落としましょう。メイクが肌に残らないように丁寧にクレンジングするのがポイントです。

ステップ2

次に泡パック洗顔です。「テンデシカ」を手のひらにのせて、顔全体につけます。息ができるように口のまわりには付けないようにしましょう。1分程度そのままの状態をキープします。1分経ったらきれいに洗い流します。

ステップ3

泡パック洗顔の後はしっとり感がありますが、このままでは乾燥してしまうので、化粧水と乳液、保湿クリームなどをしっかりと肌になじませましょう。泡パック洗顔は夜だけで十分です。やり過ぎないように注意しましょう。